ハワイ島(ビッグアイランド)特別コラム記事一覧

個性が炸裂!ワイメアのバーガー&ラーメン【ヴィレッジ・バーガー、ヌードルクラブ】

ハワイ産ビーフの究極グルメバーガー、一流シェフが作る牛骨髄入りヌードル。この2店はワイメアで要チェックです!

2017年03月05日

アロハ! メグミです。

アメリカ最大級の牧場「パーカー牧場」があることで有名な、ハワイ島ワイメア。

先日もお伝えしたとおり、まだパーカー牧場には行ったことがない私ですが、ワイメアの町は大好きで、ショッピングとグルメを目的に何度も訪れています。

前回のショッピングパーカー・ランチ・ストアに続き、今回はワイメアのおすすめグルメ2店をご紹介します!


【ヴィレッジ・バーガー Village Burger】

reDSC_0038.jpgまず1軒めは究極の手作りグルメバーガーの「ヴィレッジ・バーガー」。

先日ご紹介した「パーカー・ランチ・ストア」と同じ、パーカーランチセンターの中にあります。

「なーんだ、ハンバーガーか。どこでも同じでしょ」

なんて思ったら、大間違い。
ワイメアに行く方は、ぜひ一度食べていただきたいのです。
私は基本、ワイメアに行くたびに、ここのバーガーを食べています。



reIMG_7846.jpgパテに使われているのは、100%ハワイ産のビーフとヴィール(子牛肉)
ホルモンや抗生物質を投与していない、安全な地元産のお肉です。

はい、ここ重要!

美味しいことはもちろんですが、調理して出されると一見わからない素材の安全性って、じつはとても大事なことですよね。
安全な食材は、コストも高く、また安定して仕入れることも難しかったりします。

パテのお肉のほか、野菜などの食材も、ほぼすべて地元ハワイ産を使うという徹底ぶり。

そのこだわりは、牧場の町・農業の町ワイメアの誇りを感じさせます。

reIMG_7848.jpgシグネチャーメニューの「カフアランチ・和牛ビーフバーガー」

ハワイ島のコハラ山脈の西側に位置するカフア牧場で育ったKobe Beefを贅沢に使用したバーガー。
ジューシーな肉汁と、ガツンと強い肉の旨みが凝縮したパテ。グルタミン酸あふれる完熟トマト、そこにシャクッとレタスの小気味いい歯ごたえが加わった、これぞグルメバーガーです。

ポテトは、手でカットしたじゃがいもを2度揚げしたもので、こちらもシンプルながら止まらない味。パルメザンチーズやわさびマヨネーズを追加することも可能です。私はパルメザン派です!


このほかビッグアイランドビーフのバーガーやレッドヴィールバーガー、アヒバーガー、ハマクアマッシュルームを使ったベジタリアンバーガーなどもあります。

注文を受けてから作るので、少々時間がかかりますが、待つ価値は大いにあり!
おすすめです!!



【ヌードルクラブ Noodle Club】

1reDSC_0097.jpgもう1軒も、同じくパーカーランチセンター内にあります。
その名もヌードルクラブ


じつは...私はまだこちらのお店に行ったことがないのですが、ネットで発見してから、ずーっと行きたくて行きたくて仕方がない、ものすごく気になっているお店でして。

先日、敏腕営業マンでありハワイ島特派員のMちゃんが、お店をチェックしてきてくれたので、写真とともにご紹介します。

2reDSC_0042.jpg
店内はカウンターとテーブル席があり、シンプル・モダンな中にポップな装飾がほどこされていて、かなり個性的です。

ヌードル屋さんというより、カフェやダイニングバーのような、おしゃれな雰囲気。


3reDSC_0045.jpg
店内のいたるところに、ちょっと懐かしいオモチャが飾られていたりして。


4reDSC_0079.jpg
柔道着風のユニフォームも、かわいいですね〜。


5reDSC_0082.jpg
これです! 私がむちゃくちゃ気になっているメニュー。
「ビッグ・フォー・キング・ボーン」$11.50。

ベトナムの米麺であるフォーに、ボーンマロウ(牛の骨髄)がどすーんと乗っています。

こんなメニュー、ほかで見たことないぞ!

6reDSC_0091.jpg
骨の中にある、トロットロの脂とお肉をスプーンですくい、スープに溶かしながらいただきます。

ああ、美味しそう...。

Mちゃんいわく、

「見た目のインパクトはすごいですが、フォーの麺と相性が良くて食べやすかったです。スープは2日間煮込んで作っていて、野菜も骨髄も地元産。それでこのお値段は、かなりお得だと思います」

だそうです。


7reDSC_0069.jpg
こちらは店員さんおすすめの「ボウル・オブ・ソール」$12.50。

韓国のキムチとスパイスをふんだんに使った、コリアン風ラーメン。煮込んだビーフショートリブや玉子、かいわれ、韓国のりが乗っています。

「見た目はけっこう辛そうですが、激辛というほどではなく、旨みと辛さがちょうどいいバランス。一般的なスパイシーラーメンともまた違った味わいで、本当にユニークですね」

ふむふむ...。こちらもなかなか美味しそうですね。


8reDSC_0090.jpg「クリスピー・ベビーバックリブ」。

「ガーリックとしょうがが効いた、なつかしい味がビールに合う! お肉がやわらかくてジューシー。これはマストオーダーの逸品ですね」



ププやサイドメニューも、ラーメン屋さんのそれとは違っていて、手の込んだビストロ風なんですよね。

というのも、こちらのオーナーシェフは、ラナイ島のフォーシーズンズやハワイ島のマウナラニなど、一流ホテルで活躍してきた料理人で、「ハワイにしかない、ここでしか食べられないラーメンを作りたい」と、このヌードルクラブをオープンしたのだとか。

一流ホテルのシェフが作るラーメン...。
やっぱり、ものすごく気になります!!


次にハワイ島に行く時は、必ずやこのヌードルハウスに行くぞ!と心に決めています。
そのときには、また改めてレポートしますので、ぜひお楽しみに!


これからハワイ島に行かれる方、ぜひワイメアにも立ち寄って、究極の地産地消グルメバーガーと、独創的なヌードルをチェックしてみてくださいね〜!



現在配布中のアロハストリートのハワイ島エディションも、ぜひご活用くださいませ〜!!

スポンサーリンク